債務整理をするとき注意すること

債務整理を行うと様々なメリットがあります。しかし、人によっては様々なデメリットも気をつけなければなりません。

ここでは、任意整理や自己破産などに共通して注意しなければならない点をご説明します。

しばらくの間、新しい借り入れやクレジットカードの作成が困難になる

貸金業者が融資をする際には、その人がどれだけ他社から借入があるかということを審査の基準のひとつとします。

信用情報機関とは、貸金業者や銀行が登録をしている、顧客の与信をするために必要な情報を保管している団体のことです。

債務整理をするとその信用情報機関に、債務整理をしたことが掲載されます。

この情報は短くても5年間程度掲載されるため、その間はあたらしくクレジットカードを作ったり自動車ローンを組んだりしようとしたときに、審査に落とされる大きな原因となってしまいます。

銀行のローンを債務整理する場合、口座が一度凍結される

銀行や信用金庫のカードローンについて債務整理をする場合は注意が必要です。

弁護士が受任通知を送ると、債務整理を行う銀行の口座が凍結されてしまうからです。

その際、もしその口座にお金が入っている場合は、強制的に返済へ充てられてしまいます。

その為、お給料が入ってくる座などは十分に注意して手続きを行わないと、入ってきたばかりのお給料をそっくりそのまま失ってしまうこともあります。

このような場合は、その銀行だけ受任通知を送るタイミングをずらして、給与口座を別の銀行に変えてから手続きをすすめるなどの工夫が必要です。

他のクレジットカードも使えなくなる可能性がある

債務整理をする対象のクレジットカードについては、当然のごとくそれ以後の利用ができなくなります。そのため、もしそのカードで毎月払っている固定費がある場合、別の支払い方法に変更する必要があります。

また、債務整理をする対象「ではない」クレジットカードについても、しばらくすると同様に新たな借入れやショッピング利用が出来なくなってしまう場合があります。

というのも、信販会社がどこかのタイミングで信用情報をチェックすると、自分以外の会社について債務整理をしたということがわかるからです。

これについては、それぞれの会社の審査方針次第ですので、必ず他のカードも使えなくなると断言することは出来ませんが、直接債務整理をしないカードは利用し続けられるという考えは持たないほうが良いと思います。